トップ

扶養内控除の求人は

扶養控除内の求人での注意点は

扶養控除内での働き方

扶養控除内で働くとは、自分が働いて、所得税がかからない収入までしか働ない人ことです。この場合、会社で働く、夫は配偶者控除38万円が受けられるのです。要するに、妻の給料の年収が103万ならば給与所得控除が65万あり、基礎控除が38万あるので 103万ー(65万+38万)=0 で自分で支払う税金は出ません。それに、夫の給料から配偶者控除として38万円、所得から引くことができます。これは、会社員の場合は普通、年末調整で引きます。所得とは給料の1年間の総支給額から給与所得控除額を引いたものです。簡単に言えば、年収103万以下なら、妻は働いても税金は払わず、夫も税金が安くなるということです。これが103万の壁で、103万より稼ぐと妻は税金を払い、夫も配偶者控除を受けられなくなるんです。残るは、130万円の壁ですが、夫が自営業とかでなく、サラリーマンの場合、妻が年収が130万以上あると、妻自身が、年金保険料を払わなければならないのです。そのボーダーラインが130万なのです。130万年収があると、夫の扶養から抜けるので、自分で所得税を払い、夫は配偶者控除が無くなるので所得税が高くなり、それに加えて、妻は国民年金と国民健康保険税を払わなくてはならないのです。扶養控除内で働くのであれば、この点に気をつけ求人情報誌なども見るべきです。

扶養内控除の求人情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 扶養控除内の求人での注意点は. All rights reserved.